たかやん@管理人
北海道の片田舎で、マルチーズ三匹とバーニーズマウンテンドッグ二匹(アイヌ犬のミックスも居ましたが、今年とうとう皆昇天してしまいました…)を飼っている家族の一員です。
正式な飼い主はオイラの親なのでね(笑)。
+++
我が家の飼犬の歴史
a.オイラが生まれる前〜生まれた前後
 ★トミ(アイヌ犬=北海道犬の事:オス)
 ★ガロ(アイヌ犬:オス)
 ★トヨ(アイヌ犬:メス)
 ★アヤ(アイヌ犬:オス)
 ★ジョニー(狆:オス)
元々我が家は父が子供の時分からアイヌ犬を飼い続けていました。トミは母が婚約時代にいた犬で、とても頭が良い犬だったとか。オイラが生まれる前後にジフテリアにかかり命をとりとめるも、結局老衰で亡くなったそう。
なので、アイヌ犬の世話は祖父母の管轄(これ以降ずっとそう)。
父母の家庭になってはじめて飼ったのは「ジョニー」といえます。

b.小学生の頃
 ★リリー(マルチーズ:メス)
 ★ポリー(狆:メス)
 ★ロッキー(一代目/マルチーズ:オス)
 ★ロッキー(二代目/マルチーズ:オス)

b-2.中学生の頃
 a.トヨ、アヤ
 b.リリー、ポリー、ロッキー の他に
 ★チロ(アイヌ犬:メス)
 ★ポチ(雑種:メス)
 ★チビ(雑種:オス。ポチの子)
チロを迎えるまで、我が家のアイヌ犬の毛の色は赤色(というのかな?赤茶というべきか…)だったんだけど、チロは白色でした。
函館の方から譲ってもらったコで、父が舐めるようにかわいがってました。これ以降、チロの子、孫は全部白犬です。

c.高校生の頃
 ★モモ(アイヌ犬ミックス:メス。チロの子)
 ★モモタロウ(アイヌ犬ミックス:オス。モモの子)
 ★キンタロウ(アイヌ犬ミックス:オス。モモの子)
 ★ウラシマタロウ(アイヌ犬ミックス:オス。モモの子)

大学〜社会人の頃に
モモとモモタロウとキンタロウ以外全員昇天。

そして1997.春にオリバー.カール.アンディを迎える事で、再びワンコとの生活を送ることに。

オイラ自身大人になってから、はじめてワンコを迎えたおかげもあったせいか、家族全員みごとに、親バカメロメロ状態に陥ってしまっています(現在進行形)。
三匹迎えるまで、父と母はいろんなペットイベントに足を運んでいたし、その後2002年にハナとタバサを迎えるまでにも、ずっとペットイベント行脚してました(笑)。
ホント、執念ですねぇ。
この五匹のワンコの出会いについてはおいおいblogにて紹介させていただきますv

なかなか更新する気持ちになれませんでしたが…2007年9月18日にオリバーが、10月17日にアンディが天に帰ってゆきました。
オリバーは、肺と脾臓とお腹のリンパ節に悪性腫瘍が見つかって一年近く治療を続けての別れ。アンディは僧房弁不全から来る肺水腫がやはり一年と半年近く利尿剤とカリウム剤を服用したのですが徐々に心臓が弱くなっての別れでした。
二匹とも10歳とちょっとでした。

+ + +

その後、2009.7.5.にバーニースマウンテンドッグのオリーブ(メス)が我が家にやってきました。
心細いながらも、リーダーとして指導していたカールですが、加齢による僧坊弁不全とハウスダストなどのアレルギー反応を発症していて、後一週間で13歳、、という2010.2.23.に、おそらく肺水腫を起こして昇天してしまいました。
アンディと違って闘病はせずに済んだのですが、常に後ろについて歩いてたカールが突然逝ってしまって、その喪失感は言語に尽くせません。
とうとうオンナの園になってしまったかー。。と思った所、母との出会いがありまして、2010.7.に、凛(りん)(マルチーズ・オス)が我が家にやって来ました。

というわけで、2010年現在、バーニーズ二頭、マルチーズ二頭と暮らしてます。

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH