<< もっと上手がおりました。 | top | カール大丈夫か…? >>

どきどき

どうやらタバサ、発情が始まった模様。

…どうなるんだろ??(汗)


話は変わるけど、最近タバサは「甘える」という行動に目覚めたようで、
家族内での好感度アップ中(笑)。

そうそう。
散歩とかしても、ちゃんと人の命令を聴いているようになったし、
冬の風物詩、雪山をツナなしで散歩♪をしても、タバサはちゃんと言う事を聴いて戻ってくるし(オリバーは興奮が高じると、目つきがおかしくなって(まるでラリったようになる(苦笑))暴走してしまうので要注意)、ちょっと前までの、自分勝手な散歩(ヒモひっぱりまくり、ぐるぐるしまくり)や、人が手を出すと噛もう飛びついて来たり、気付くと服のはじをかじったりしてたのが嘘のようです。

もちろん、その間にオイタをする度に根気よく「教育的指導」を与え、おりこうさんにすると「ほめちぎった」成果もあるとは思うけどね★

でも、やっぱり、バーニーズって落ち着いて大人になってくるのは二歳過ぎなんだなぁと実感。


それでもタバサの中でオイラに対しての信頼感が芽生えたのは二年前にあった約二ヶ月の通院からかもしれないなぁと思ったりもする。
たかやん@管理人 | バーニーズ:タバサ | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH