<< カール誕生日♪ | top | アンディおめでと〜〜 >>

「飼い主のせい」といわれちゃ…その通りですがな…

ずっと気になっていたハナの歯石取りの予約が、今日午前11時半からでした。

前の晩から水、食事は一切だめっ(麻酔をかけて歯石を取るため)な状態で母が連れて行きました。

ただ、ハナの歯石…恐ろしいほどついていて…口臭もめちゃくちゃすごいので、…この前カールを連れていった時(別件でね)に尋ねた時にお医者さんが「診てみないとなんとも言えませんが、歯がぐらついていたら抜かなくちゃならないですよ」といってた事を思い出したオイラは、…ひそかに心配していました。

…全部抜かれてたらどうしよう…(汗)。

でも、このハナの件では、母の甘やかしがすごく目についてたので、オイラとしては「母が甘やかした結果が、全部ハナにいってしまうんだよ…!」といういらだちの気持ちもあったりして(苦笑)。

以前、母がハナに食事時に人間の食べ物を口から出して与えた事があって、オイラが苦言を呈したら、逆キレしてきた事があったのだ。
もう詳しい内容は忘れたけど、なんか「これくらいイイだろう。あんたにモンクなんて言わせない」みたいな事をいってきたのだ。

…いや、ハナに対しては、うちに来た当初から、カール、アンディ、オリバーにほどこした躾をオイラがするのを拒んで来た所があるのだ。

だから、今年の一月で3才になったばかりなのに、ハナの歯の状態は最悪になってしまったのだ。

三時頃、母が戻って来たので、遅い昼を取りがてらハナの様子をみにいくと…
「病院に入院してる…」とのこと。

??なんで?そんなにひどかったのか??

「何本か抜いたの?」

「…21本抜いたって…」

「!!!!」

に、にじゅういっぽん…!!!???

ワンコの歯は全部で36本あるらしい。その内の21本が…(目眩)。

…でも、これは、母がハナを甘やかした結果の事だ……と思うと、母の落ち込みもむかついてくる。。(ヲイ)
まぁそれでも、お医者さんにめちゃくちゃキツイことを言われてしまったみたいなので、オイラが改めて言う事でもないみたい。
下手にオイラが上記のような事をいったら、「八つ当たり」されそうだしな(失笑)。
それで、病院としては、ハナのカラダの状態が心配なので(2kgないしな…)入院して様子を診たいとのことだったそうな。

それでも心配で不安な母は、オイラがゴハンを食べている間に
「やっぱり、ハナの様子みてくる!」
と出かけていった。

夜帰宅してみると、やっぱり母はハナを連れて帰って来ていた。
ハナは、思ったよりも元気で、どうやらゴハンも食べ終わってたみたいだ。
よかったよかった。

でも後から母に話を聞くと「胸から上が真っ赤だったんだよ…」との事で、ひ〜え〜〜!!!

恐怖の流血ワンコだったのか!!!

そのままでは連れて帰れなかったので、病院で口の周りを洗って、家についてから再度洗ったんだそうだ。
…確かに、そこはなとなく、ハナの口から胸周りが赤みを帯びている。。。
その後、痛み止め抗生物質などの薬を二人がかりでハナに飲ませて、ひと心地ついたら、ハナがものすごく安心して眠りこけていた。

やっぱり連れて帰って来て正解だったねぇ。


…18日に、アンディの番なんだけど…またも、流血になるかいな…(汗)
たかやん@管理人 | マルチーズ:ハナ | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH