<< アンディのお腹が… | top | やっぱり一度はいってみたい…!! >>

いやーもう、かわいい〜〜v

夕食後、母が「こんなの見つけちゃったv」とハンディのビデオテープを持って来た。

な、なんと!!タバサの仔犬の頃のビデオでした…!!!



あまりのかわゆさに家族皆で悶絶。。。。

その中にまたも二年くらい前のオリバーの姿もあって、やっぱり衝撃を受ける。

…オリバーがいなくなって、自分はロッキーの時ほどのダメージはなかったな…と思っていましたが、さにあらず。
あらためて、ぽっかりとどこか穴が空いてしまった事を痛感。。

…でも、それは時間と今いるワンコ達でしか、癒せないんだろうなぁ…。










で、29日以降、相変わらずタバサの左後脚の状態が悪い。
いまだに脚をつけられず、びっこを引いている…。

その姿を見て、改めてタバサの体重を落とすべきだと思い(いま多分46-7kgだろう…)食事を本格的に減量系にかえることにする。
…っていっても、ドライフード+缶詰め→ケーナインヘルス+野菜と赤肉系にするだけなんだけどね。

しかし、母がケーナインヘルスの御飯を作れないため、残業が多い自分がどうやって夜の御飯を作ってやるか。。を考えて、前日夜のうちに、翌日1日分を作りおくことを考え付く。
2食分を一度に作る方が、分量的に作りやすいし、夜の分はジップロックしておいてそれを出し手もらえばいいだけにすれば…母もそれなら可能かなと思って。

まだ日中は暖かいから、冷蔵庫に保存しておかないとならないけど、もっと寒くなれば、朝御飯をあげた後に、夜の分を器に入れておけれるよね。

よしよしv

+ + +

タバサ画像。9/27にアップした仔犬タバサと同時期に撮ったものです。
うきーっ!!どれもこれもかわうい〜〜!!(叫)←親バカ
もちろん、この頃のタバサは意志の疎通なんてでけません。
なんでもかんでも、噛んで確認する赤ン坊でした。
…そういえば、オリバーもそうだったんだけど、この頃のタバサの目つきって、分別がついてないというか、野生状態というか…(笑)。
人間には伺い知れない光をたたえていて、
「この子と意志の疎通を交わす事ができるんだろか…」
と、つい思っちゃますね(苦笑)。
実際の所は、全然心配なんてしなくてもいいんですけどね!(笑)
野生状態の瞳が徐々に分別がついてきて、ちゃんとこちらの存在や言葉を認識してくる様が、またたまらないのですよ、奥さん!!(誰がや)

そいえば、この頃ってタバサもオリバーも瞳の光彩がグレーなんだよね。
一年くらいで、ブラウンになるのも、面白いです。

母の撮ってたビデオは、まさにアップした画像と同時期のもので、ひゃー!!たまらんー!!子熊のようじゃー!!ってなものでした(笑)

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
たかやん@管理人 | バーニーズ:タバサ | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH