<< デジカメデータ現像してきました | top | タバサの婿…?? >>

写真とビデオは…違うね。。



今日は低気圧接近でむちゃくちゃ天気が悪いのですが、そんな事気にしない!!

で、昼休み時間を使って、写真を取りに行きました。

もー見たくて見たくてしょうがなくて。

帰ってきてからは仕事所じゃなくなりました…(苦笑)

…正直な話、オリバーが逝ってから、全然仕事が頭に入らなくなっている自分…。

日にちで気待っている仕事については、流れ作業で処理してるんだけど、
空き時間になると、まったく頭は働かない。
頭の中は、オリバーの事でいっぱい。
たまった仕事は手付かず…。

家に帰れば、ワンコと一緒な分、その存在に慰められるんだけどね…。

職場はいかんわ。職場は…。


それで、こう、現像してきた写真に執着するのかも…(汗)。

しかし、なんやかんやでカメラ屋さんでもらってきたアルバム4册分くらいになってて失笑です(苦笑)。
(自分用と母用に焼き増しもしてるから…(苦笑))

本当は今晩、札幌にいく予定だったんだけど、嵐で断念。
明日の朝、日が昇ってからいくことにしました。
(28.29日と能楽を観にいくのです♪たのしみ…!!)

母に写真を見せたくて急いで帰ったんだけど、なんと母の方がすごいものを用意してました…。

母がランダムに撮りためていたハンディビデオ…。。

その中に、最近のオリバーの映像が納められていたのです。

ちょうどマルチーズ軍団はシャンプーで不在だったらしく、オリバーがリビングでこちらを向いてゆっくり寝ている姿でした…。

画像と違って、映像は動きがあるだけ、胸をつくものがありました。

何度も何度も見返してしまいました。

嗚呼、本当にオリバーはいないんだなぁ…。と、こうして何度も何度も、確認していくんですね。


母は、毎朝オリバーの所へ行き、ひとときをオリバーと過ごした後に、そこで朝の散歩がすんだタバサに御飯を与え(家に帰りついたらリードを離して、タバサも飛んでくるそうです。オリバーは結構自分の好きな所へ、呼ぶ声も無視していっちゃうコなんだけど、タバサはその辺すごく素直で真面目(笑))、オリバーに供えたオヤツもタバサがいただき帰ってくるのだそうだ。

…母も、母なりにオリバーのいない日々に、折り合いをつけているのだな…と思う。

+++

オリバー画像
2005年7月。タバサと一緒にT病院に向かう車中で撮ったもの。
この年の4月に胃捻転と合併症(といっていいんだろうね…)で腎不全を併発し、
文字通り生死の境をさまよったオリバー。半月後になんとか退院でき、そうして
この時は、その検診のためでした。
(タバサは多分ワクチンと血液検査のためだったかしら?)
ほんとうに、この時は「元気になってよかった」と思ったものです。
たかやん@管理人 | バーニーズ:オリバー | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH