<< 本当に、愛されていたね。 | top | 現像できませんでしたー。 >>

後遺症…?



オリバーが、急変した17日から
目蓋の裏に突然、または自分の腕や他人の顔…といたるところに、
突然蛆虫が湧いてくる幻影を見続けています。
たとえるなら、三浦建太郎の『ベルセルク』で、ガッツの目の前に突然湧いてくる闇のモノのような感じ…??
(ってわかるんか!?)

…あの日、3時間ほどの間取り除いてた蛆虫のショックは、それほど強烈だったんだなぁ…。

あの時ほど、バーニーズマウンテンドッグの密集したアンダーコートを呪ったことはなかったです…。。。

…といっても、卵を発見した時に、もっと徹底して綺麗にしておけば……という後悔もやっぱりあるわけで。

一番の後悔は、自分の「楽観」と「諦観」だろうな…。



+++
2005.01.頃に撮影したオリバー写真。

こうして、人の股の間に座り込み、見上げるのがオリバーは大好きでした。
背後が守られて安心なのもあるのかも。

カールも人の股の間に座り込んで、同じように見上げるのが好きなんだよね。
たかやん@管理人 | バーニーズ:オリバー | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH