<< オリバー、安らかに眠ってね | top | 後遺症…? >>

本当に、愛されていたね。



17日から18日にかけて、ほとんど寝ていない状態だった私は、19日にオリバーを埋葬したことで、放心してしまいましたが、母は午前中のうちに、件のお花とか必要なものを購入し、使う事のなかった点滴を持ってT動物病院に挨拶をしてきたそうです。
その時に、T動物病院の先生から「オリバーちゃんは、うちの家に来たからこそ、ここまで生きてこれたんだと思います」と言ってくれたそうです。

これを聞いて、またも二人で泣いてしまいました。

他にも、オリバーのシャンプーをずっとしてくれたトリマーさん、10/2に予約をいれていた酪農学園大学にもキャンセルの連絡をしました。
9月に入ってからほとんど飲まなかった薬について、許可をもらってビーナットをT動物病院へ譲ることにしました。
…このビーナット、実は1粒千円もする薬で、そのまま捨ててしまうよりも、何かに役立てる機会ができれば…と思ったからです。

酪農学園大学の受付の人も、私達の名前よりも、オリバーの名前で覚えていてくれてて、病院にいっても、皆に可愛がられてました。

そういえば、まだ1歳くらいのころ、出先で5歳くらいの女の子に、鼻の穴に指を突っ込まれて、眼を白黒させながら、じーーっとおすわり状態で堪えていた事のあるオリバー。
なんというか、男の子らしい、おおらかさと優しさがある子でした。
小さいワンコも大好きで、挨拶をしに行くんだけど、そのでかさでいっつも怖がられていたよね。
たまーに、「おっきいワンコも全然平気!」というジャックラッセルテリアとかに出会って、ちゃんと挨拶できた時は、見てるこっちも「よかったねぇ、オリバー」と思いました。

思えば、オリバーが歯を剥き出して唸ったのは、たった一度だけ。

北大へ、股関節の検査かそれとも2度あった肥満細胞腫の診察の時だったか…で、出会ったシベリアンハスキーのゴクウ(名前はしっかり覚えてるあたり…苦笑)に対してだけでした。いま思えばオリバーにとって「オスとしてのプライドが揺らぐ!?」な瞬間だったのかも…と思いますが、本当にびっくりしました。
…あ、あと唸らなかったけど、ついアンディを吹っ飛ばしてしまったことは1度だけありますね。
あんまりにも、アンディが牽制し続けてて最後にオリバーの上唇を噛んだんだよねぇ…(苦笑)。
アンディ的には自業自得ですが、オリバー自身もショックだった様でした。

タバサの元気にいつも閉口していたけど(発情期は除く)それでも歯を剥く事もなく、ただただ敬遠してただけだったし(その逆はたくさんありましたが(苦笑))。

本当に、かわいくてかわいくてしょうがなかったです。

そういえば、17日からオリバーを家の中で看ていた間、カールとハナは決してオリバーの所には近寄りませんでした。
いつもだと、ガラス越しに吠えに来たんですけど、…やっぱり何かを感じていたんでしょうね…。
ただアンディだけは、一日に数回様子を見にやってきました(帰りにトイレにちゃんと匂いをつけるのを忘れなかった…(汗))。
…やっぱり、アンディはリーダーなんだなぁ…我が家のワンコの中で。。


オリバーの埋葬がすんだ後に、T先生から花束が届きました。

そして夕方、トリマーさん達(二人でトリミングしてくれてました)がお花を持ってお参りに来てくれました。
裏庭のお墓で手を合わせてもらった後、オリバーの思い出話をする事ができました。
本当に、わざわざありがとうございました。
こうして、心遣いを受ける事で、オリバーが家族以外の人にも愛されていたんだなぁ…と実感しました。

その時にトリマーさんにも、T先生と同じ事を言われました。
「もし、自分だったら最初の肥満細胞腫以降は諦めていたと思います…。オリバーちゃんは本当に幸せだと思います」
そうなのかな…、なんだかもう、母も私もその度毎に必死で、オリバーを助けよう、家に連れて帰ろう、としか考えてなかったから…。
そうして乗り越えてきたんだけど、18日オリバーが逝く数時間前に、母がオリバーの顔を拭きながら「オリバー、今まで『絶対助けてあげるからね』と言ってきたけど、今回はママもう言えないよ。オリバー、よくがんばったね。もう楽になってもいいからね」と言っていた事を思い出しました。はじめて母が口にした言葉でした。



…そういえば、トリマーさん達が来た時に、タバサがすごい反応をしたそうな。
普段は、トリマーさん達が大好きで大好きで、迎えの車が来ると、丸くなって後部座席に自分から飛び乗ってしまうくらいなタバサが、なんとトリマーさん達に鼻に皺を寄せて唸ったんだそうです。
トリマーさんは「泥棒に間違えられた〜」と言ってましたが、やっぱりオリバーがいなくなって、気がたってたのかもしれません。
タバサも一緒にオリバーの墓に行って、ようやく落ち着いたそうですから。

…それとも、いつも朝に来るトリマーさんが夜来たから、気付かなかっただけなのかも…??

たかやん@管理人 | バーニーズ:オリバー | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH