<< ありがとう、オリバー | top | 本当に、愛されていたね。 >>

オリバー、安らかに眠ってね

一晩、オリバーを家で寝かせた後(エアコンをかけ、お腹には冷やした保冷物を当ててました)午後からオリバーを裏山に埋葬しました。
場所は、家を建てた当時、母が「花畑にする!」といって設けていた場所で、…でも日当たりが年々悪くなり(周りに植えていた栗の木がどんどん大きくなったため)今はそのまま休耕状態になっていた場所です。
…それでも、家からも見る事ができる場所だし、そこにすぐ決めました。


母と最期のお別れ…


午前中のうちに新しく用意した筵をかけてあげました(下に敷いているのもそうです)。



弟と父と私の三人で土をかぶせました。



同じく母が午前中に購入してきた、花の株を父と二人でオリバーの眠っている所に植えました。


家族だけで埋葬していたら、もうとても辛かったと思います。ですが…




実際は、オリバーと同じ年のカールとアンディ、そしてタバサも一緒に埋葬を見守ってくれていました。




家族の様子も察してか、タバサも埋葬した場所を避けていてくれました。

(尻尾は何度か、生けた花を吹っ飛ばしたんですけどね(苦笑))




何年も前に、父が紫陽花を植えていました。
偶然にも紫陽花に囲まれるようになりました。
花があってくれて、本当にありがたかったです…。




しばらくオリバーの傍にいましたが、家に戻る前にオリバーの埋葬された場所を
撮りました。後ろは栗の木です。他にも松やヒバ、ツツジなどがうえられてます。
風がよく通って気持ちのよい場所でした。



そして、前を向くと我が家が。
簾の垂れている窓のある部屋が、オリバーが最期を迎えた場所です。
石階段の途中に生えている松の木は、偶然にも我が家の記念樹になったもの。
この家に移ってから、芽を出し、数年間は石段を使う事はできませんでしたが、
「ま、いっかー」という感じで引っこ抜く事無く、こうして気付くと立派になりました。
石段も普通に使えるしねv

こうして、オリバーは我が家の見える所に眠る事ができました。

安らかに眠ってね。オリバー…

たかやん@管理人 | バーニーズ:オリバー | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH