<< 結局、綺麗にしてきましたv | top | 激変といってもいいのかもしれない。。 >>

オリバーの診察結果

一ヶ月ごとのE市の酪農学園大学腫瘍科の診察日。
母とオリバーとオイラの車でいってきました。

診察結果として、貧血は22%と変わらず、31日の時と同様、腎臓数値も良くないですが、各病巣の広がりはあまりないとのこと。
肺の状態も腫瘍の大きさも変わらず、胸水もたまっていないし、前回、形がおぼろげになっていた脾臓の病巣は、今回見当たらないほど形がなくなっていて、腎臓の形も変化なく(出血もやっぱりあるらしい)お腹のリンパの腫瘍も変化がみられないとのこと。
内心、肺の病巣ほかの悪化を覚悟してたので、すごくほっとしました(でも油断は禁物だ!)。それに消化器系の方も診てくれましたが腫瘍関係は見当たらないといわれました(それでも油断は禁物だな…うむむ)。

それでも、体重はとうとう33kg台になってしまったし、血液の状態がよくないので、ロムスチン投与は今回も見合わせることにしました。

続けてビーナットと、前回から試供品として服用してるサプリメント(アンケートに答えるのだ)、抗生物質入り目薬をもらって帰宅。

かかりつけのT先生も、腫瘍科の先生にも言われましたが、本当に、低空飛行ながらもオリバーが頑張ってくれているなぁとつくづく思います。後もう少し数値が悪くなると、水がたまったり嘔吐したり出血してきたり…といった症状に陥るらしいんだけど、その一歩手前で留まってくれている。
それがいつまで続くのかは判らないけれども、一日でも長く続いてほしい…と願わずにはいられない。オリバーが苦しまずに生き続けられますように。

+++

こんな時、田舎に住んでてよかったなぁと思います。
近所に迷惑かけることもなく(時々配達人さんには迷惑かけてるかもしれないけど)本人の好きなようにゴロゴロ過ごせる環境をオリバーに提供できるから。
(唯一のエアコン部屋に入れてあげても、結局勝手に戸をあけて(鍵も外すし!)表で涼んでるんだもん。。。)
少しでもストレスのない生活をさせてあげたいもね。
たかやん@管理人 | バーニーズ:オリバー | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH