<< そういえば | top | かなしい知らせ >>

りにゅーある…?

というほどのものでもないですが。
blogのテンプレートを変更しました。
前のタイプは画像が大きいとレイアウトに影響を与えてしまうんで、影響がないものを…と。
まぁ、テンプレートを編集できればいいんだけどね。
知識がないので(初歩的なものしかわからないので…(汗))怖くていじれないのだ。
とほほほ。

こうなると、リライトしてアップした他の画像も大きいままでアップし直したくなりますが、時間がないのでしばらくはそのままです。

というわけで、じゃじゃーん♪


タバサだぁ〜♪

なんかめっちゃ可愛くうつってます!!感動です!!
47.7kgもあります…!!(爆)
それでもちょっと腰の辺りにクビレができてきました!!(わっはっはっは)
冬場なんか、もー、クビレなしっ短毛の毛がつやっつやのぱっつんぱっつんで、アザラシかトドか!?って感じだったのよ〜も〜〜。
(そして、現在オリバーは37.2kg…10kgも体重が違うんですよ…)

実は先週9日に、フィラリアの薬をもらいに(やっと)タバサをT病院に連れていったんですが、その際した血液検査の結果が…白血球が27000もあって(通常は17000-18000くらい)…ひょっとしたら子宮膿症の疑いが…(汗)。
単に、興奮のあまり白血球アップしたのかもしれないけど(だといいなぁ)、年齢的に先月5才になったばかりなんで、疑わしいんだよね…。。

というわけで様子をみつつ来月再び血液検査することにしました。
もちろん毎日触診しているし、体調に変化があればすぐに病院です。
大事ないといいけどなぁ。。



上の画像ではめちゃかわいいタバサですが、下の画像になると、めちゃくちゃ目がうつろでこわいです。。(失笑)。
実は唸り声あげつつガム噛んでます(爆)。
最近でこそ、唸り声だけですんでますが(タバサが信用してくれてるからだと思う。。じゃないと合間に上の画像のような顔してくれないでしょ?)、タバサはこういう時、気をつけなくちゃならないのです。
オリバーは全然へっちゃらぴーなんだけどね。噛んでるガムを口から引き剥がして奪っても大丈夫(それはオリバーとは「お遊び」という約束事が成立してるから)。
でも、タバサとはその「お遊び」という約束事が成立してないんだよね…。

それもこれも、祖父の入院看護に家族が忙殺されていた時にうちに来たからなんだけどさ…(本当に手をかけてあげられなかったなぁ。そういう面では)。
その反面、「番犬」としてはすごく頼りになるんですよ〜。
うちに来る人にとっては戦々恐々ですが(苦笑)。

+++

リンクもはらせてもらってる、馳星周HPですが、先日いってみるとワルテルの日記がblogに生まれ変わってました!
うれしい〜♪
ワルテルと小説家」です。
HPの方では小説家の視点から描かれていましたが、このblogはワルテルくんの視点で描かれているのが特徴です。
読みやすくて、それでも人だと言いにくいことも、ずばりと語られてて「うーんすごい」の一言。
こまめに更新してくれてるのも嬉しい!!
毎日読むのがすごく愉しみです。
そのblogでマージの事を読んでふと昨日「走ろうぜ、マージ」を読み返しました。
いやーもう、また泣いちゃったよ!!
特に、後書きの最後の五行は私にとっての鬼門だわっ(13年前に亡くしたロッキーに対して、ずっとずっと同じ事を思っていたからね…。この後書きを読むと、10年以上前の事なのに昨日のようにロッキーとのことを思い出してしまうのです)。
たかやん@管理人 | バーニーズ:タバサ | 02:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
 看病と通院、大変だと思いますが、頑張ってください。

posted by 馳 星周 ,2007/06/15 12:01 PM

ああ!!わざわざ、コメントありがとうございます…!
現在ロムスチンとビーナットを併用して服用しているのですが、症状は一進一退という感じでしょうか。心ささくれる事も多々ありますが、オリバーの顔を見ると全部吹き飛んでしまいます。オリバーがこうして見つめてくれているから頑張れるんだなぁと思います。

posted by 管理人★たかやん ,2007/06/16 1:14 AM










Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH