気持ちは判る。

アンディが体調急変してから、母がことあるごとにアンディを「ロッキー」と呼んでしまうようになった。
T病院でもそうで、先生しばしキョトンとしてた(汗)。
そりゃそうだ。先生は12年前に逝ったワンコの事なんてしらないもな。

でも、母がこう言ってしまうのはすごく判る。

ロッキーというマルチーズも、左の心臓弁が不全になってしまい、途中で投薬を中止したため、最後は心臓発作につぐ発作で逝ってしまった。
目を半分以上せり出して全身を引きつらせて発作にみまわれるロッキーに酸素吸入(運動で使うタイプのやつね)してやりながら、毎回毎回「安楽死」について考えた。最終的にオイラは安楽死を選ばず、最後は発作にたえかねたように逝ってしまった。
それは六月の天気の良い日曜日の昼下がりで、同人誌の原稿に一段落つかせてロッキーの様子を見に行った時、たまたま室内に誰もいなくて、そこでロッキーは最期の発作で力つきようとしていた。
思わず駆け寄り「ロッキーッ!!」と叫んだが、ロッキーはそのまま目を閉じて息絶えた。
ロッキーを抱き締めたまま、ひとしきり号泣した後、外にいた家族にロッキーが逝った事を伝えた。伝えながらまた泣いた。
その時、祖母が「ロッキーに涙を落としたらだめだっ ちゃんと成仏できなくなるから」と言われた事をすごく覚えている。

その後、ロッキーの亡骸を、裏山にある、その前に逝ったマルチーズのリリー、そしてポメラニアンのジャッキーの側に埋めた。

今でも、安楽死を選ばずにいたことがロッキーにとって良かったことかどうか、自分の選択には自信がない。常に後悔が付きまとっている。

…だからこそ、三年犬を飼えなかったし、また我が家にマルチーズがやってくる事になった時、同じ轍は踏みたくないと思った。。
そんなオイラの気持ちのまま躾けられたカールは元気一杯だけれど、アンディはロッキーと同じ病気になってしまった。
正直いって、オイラはロッキーにすまない気持ちで一杯だ。
「ロッキー、ごめん。また同じ病気にしてしまったよ…」

そして、アンディがこういう状態になって、母もアンディとロッキーがオーバーラップしてしまってるんだなぁ…と思う。。はぁ…。
こう思うと、アンディを言い間違えてロッキーと言ってしまってる母に訂正することもできず、そのまま話を聞いてあげてしまうオイラでした。
たかやん@管理人 | 今はもういないワンコの事 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

が、が〜ん!!!

し、知らなかったです‥(汗)。
モモタロウが、5月のGW頃に逝ってたなんて‥(吐血)。
本当の本当に知らなかった〜!!!

が〜〜〜ん

オイラがモモタロウの死を知ったのは夕食の時に、キンタロウの話がばあちゃんから出たことがきっかけだった。
キンタロウとモモタロウは兄弟犬で、オイラが高校2年から3年にならんとする春に生まれた。
アイヌ犬のミックスで、来年の3月には16才にならんとする老犬だ。

本当は、この2匹の他にもう1匹生まれていて、ウラシマタロウと名付けていたが、ウラシマは、1994年の6月に亡くなってしまっていた。
(多分、毒ダンゴか何かを食べてしまったのが原因。中毒症状が出た)

この三匹が生まれてちょろちょろ動き出した、5月のGWの時に、オイラは当時やはり老犬になっていた(17才くらいになってた)アイヌ犬のアヤ(♂)に太ももの付け根と右手を噛まれ、病院で1針縫ってもらう怪我をした。
(太ももにうわっと噛み付いてきたので、思わず手が出た所にがぶりと‥(失笑)。手の甲にアヤの犬歯がずっぽり刺さってしまったのだ〜。そのまま後ろに倒れこんだんだけど、オイラ頭に来て(笑)アヤの顔を踏むように蹴ったおかげでアヤの注意がオイラの靴に向いて上半身は無事でした。畑仕事してたじいちゃんが気付いて助けてくれた‥)

…という事を一番に思い出してしまう(笑)。←思い出話かよ!

当時、ただでさえ年取って気難しくなっていたアヤの所に(若いころは、めちゃくちゃカッコよくてお利口さんだったのにぇ〜(涙))ちょこまかちょこまかよこまかりんと、無邪気に3匹の子犬が遊び回るようになって、もっともっと気が立って来ていたらしい‥。
そこにまた、見知らぬ人間(オイラ)(←目と耳が悪くなってきててよく判らなくなっていた)が来て限界になってしまった‥と(失笑)。
ついでに、鎖を繋いでた棒がもろくなっていて、ぐわばー!と来てしまった。

でも、血をだらだら流しながら傷みに耐えて家に戻るオイラが一番覚えているのが‥ショックで硬直仕切ってた3匹のコイヌ達(そうだよなぁ、世の中に恐ろしいものがあるなんて認識してなかっただろうしね)と、オイラを、鼻をクンクンならしながら心配そうに追っかけて来てた姿だった。
痛くて目が回りそうになりながらもコイヌ達に「大丈夫だよ〜」と笑ってやったくらい、あの姿は愛しカワイイものだった。

父とばあちゃんが言うには、モモタロウは、ほとんどあっという間に逝ってしまったんだそうだ。

「今日はあまりモノを食べないなぁ」と思った翌日には冷たくなっていたという‥。

つか、オイラなんで知らないんだよ!(叫)

ものすごく凹む‥‥。

今は、キンタロウがたった一匹で、畑がある所の小屋にいる。
やっぱり、耳が遠くなってきたそうだが、それでも元気はいいそうだ。
モモタロウの事で後悔するよりも、モモタロウにできなかった事をキンタロウにしてやりたいなと思う。
嗚呼、思えば、オイラ生まれた時からずっと常に数頭のアイヌ犬がいたのだけれども、キンタロウが最後の一頭(ミックス犬だけどね)になっちゃったんだなぁ。
アイヌ犬はじいちゃんとばあちゃんが飼い続けていた(それを父が継いでた)んだけど、そのじいちゃんも今はいなく、ばあちゃんも80を越える現在、やはりアイヌ犬とはしばらくお別れなのかもしれないな‥。
たかやん@管理人 | 今はもういないワンコの事 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH