オリバーの血統書v



★オリバーの血統書ですv

犬名:ALFRED OF MY PURE HOUSE JP(アルフレッド オブ マイ ピュア ハウス ジェイピー)
犬種:Bernese Mountain Dog(バーニーズ・マウンテン・ドッグ)
登録番号:BN-01257/97
性別:牡
毛色:Black,Rust & White
生年月日:1997.04.06.
繁殖者:Hisayo Nagaike(Iwamizawa-shi)
同胎登録:01255-01259/97 (牡04 牝01)

+ + +

父:Dark Ace of Beauty Kojo JP BN-00159/90 1990.07.07.生 TRI
母:Felicia of My Pure House JP BN-00227/96 1995.11.20.生ま BLK RST WH

+ + +

父の父:Alyngarn Sir Duke(CH/90.1)BN-00010/88-0 CD1 KC-N1044805N01 TRICOLOR
父の母:Jansdew Misty Morning BN-00004/90-0 KC-P2689002P02 TRI

母の父:House July Morning Darius BN-00432/92 BN-00432/92 BLK RST WH
母の母:Cathandolla of My Heart Angel JP BN-00445/91 BLK RST WH

+ + +

父の父の父:Tobias of Arvella KC-4968BV
父の父の母:Jah Soon Come of Alyngarn KC-K470910K12

父の母の父:Bernerbakkens Froy of Glanzberg KC-2702BT
父の母の母:Liskarn Elysia KC-M2008805M02

母の父の父:Ultimate Warrior BN-00233/91-0 Kcc 00016700,KC Q3758904Q03 TRICLR
母の父の母:Bramblecroft Magic Dream BN-00018/89-0 KC-N4585603N03 TRICOLOUR

母の母の父:Alyngarn Sir Duke(CH/90.1)BN-00010/88-0 CD1 KC-N1044805N01 TRICOLOR
母の母の母:Lancarty Lotus Blossom BN-00250/90-0 KCC 00002828,KC P3385901P03 TRICOLOR

+ + +

うおお!オリバーの父方の祖父と、母方の曾祖父が同じ犬でした…!!
…やっぱりそういうものなんですねぇ。
…しかし、登録番号自体が少ない数字というのも個人的には驚きました。
血統書って改めてみてみるといろんなことが見えてきますねぇ。
そして、同胎登録から、オリバーが三男坊だったことが判明!!
この時の1頭だけの牝が、隣町にいたチョコだったんですよね。。
他の牡3頭…どんなふうだったんだろうなぁ…。



たかやん@管理人 | ワンコ:血統書 | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アンディの血統書v



★アンディの血統書ですv

犬名:GLAFH OF DIXIELAND JP(グラフ オブ デキシーランド ジェイピー)
犬種:Maltese(マルチーズ)
登録番号:ML-09743/97
性別:牡
毛色:White
生年月日:1997.03.16.
繁殖者:Yukari Fujiyasu(Sapporo)
同胎登録:09742-09744/97 (牡03 牝00)

+ + +

父:Effelgent Banbi's Small Hustler FCI ML-05349/90 1990.01.02生
母:Coryphee of Dachs Company JP ML-14976/93 1993.07.12.生

+ + +

父の父:Effelgent Banbi's Sunny Boy JP(INT.CH,G.CH)ML-09990/81 CD1
父の母:Effelgent Banbi's My Lady FCI ML-03169/87

母の父:Alan of Sapporo Susa ML-26234/86
母の母:Sunshine Peace Adela FCI ML-04361/90

+ + +

父の父の父:Effelgent Banbi's C.C.D.Sunny Boy CD1(G.CH)ML-319635
父の父の母:Sueet Love Effelgent Banbi(CH)ML-237971

父の母の父:Effelgent Banbi's Will Do New Year FCI(INT.CH.CH/87) ML-08168/85 CD1
父の母の母:Effelgent Banbi's My Love FCI(CH/87)ML-32911/84 CD1

母の父の父:Major of Riverside Yanada ML-03055/81
母の父の母:Aspa of Good Luck Felicitation ML-00071/86CO

母の母の父:Atlas of House Golden Violet ML-07519/88
母の母の母:Grace of Prince Land ML-10742/88

+ + +

アンディと一緒に産まれて来た牡2頭…元気でいるのかしら…。
たかやん@管理人 | ワンコ:血統書 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

カールの血統書v



★カールの血統書情報です。
 もし兄弟犬がいましたら、御一報くださいv

犬名:Victor of Miracle Face(ビクターオブミラクルフェイス)

犬種:Maltese(マルチーズ)
性別:牡
生年月日:1997.03.05.
毛色:White
登録番号:10592-ML-V.ML-65404
同胎犬記録:V.ML-65404〜65405(牡02 牝00)
繁殖者:Hitomi Ishioka(Sapporo)

+ + +

父:Arnold of Puppen Dog E7469-ML V.ML-65403 47 ML-16293/91 1991.07.01生

母:City Face Christina F2060-ML V.ML-64876 47 ML-5626/93 1993.01.03生

+ + +

父の父(父方の祖父):Wol of Garden Masakatsu 47 ML-7022/90
父の母(父方の祖母):World Success Silk Love 47 ML-16620/89

母の父(母方の祖父):Arnold of Puppen Dog V.ML-65403 47 ML-16293/91
母の母(母方の祖母):Cage of Dainichi Diana 47 ML-10450/86

+ + +

父の父の父:H.Y.Lovely Doll's D Mr Shi Biy(JKCCH)47 ML-29678/83,CD I
父の父の母:Pretty Look of Garden Masakatsu(JKCCH)47 ML-6662/85,CD I

父の母の父:Mr.Dynamite of World Success 47 ML-3737/87
父の母の母:Rope of Brilliant Bell Chateau 47 ML-31163/85

母の父の父:Wol of Garden Masakatsu 47 ML-7022/90
母の父の母:World Success Silk Love 47 ML-16620/89

母の母の父:Benny of House Teramura 47 ML-26917/84
母の母の母:Belle of Dainichi Diana 47 ML-15590/82

+ + +

カールの父と、母方の祖父が同犬というのはちょっと驚きました。
でも兄弟が牡1頭いるのは、嬉しいよねv

たかやん@管理人 | ワンコ:血統書 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
犬を飼う
犬を飼う (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
2006.09.06.に書いたロッキーの看病をしている時、何度も何度も読み返していた本。中年夫婦が飼っている雑種犬マルが老いて死を迎えるまでの話。作中「安楽死」の葛藤があって、他人事ではなかった。本当に心の支えでした。収録されてる「約束の地」もすごく好きな作品です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

当初は短編集(文庫)に治められてた方を読みました。でもこの本も買っちゃった(笑)。愛犬デュークを失ったヒロインの元にあらわれる男の子が、まるでデュークを思わせるが…。
愛犬を亡くした人にとって、たまらない一冊。
RECOMMEND
走ろうぜ、マージ
走ろうぜ、マージ (JUGEMレビュー »)
馳 星周
一目見て「バーニーズだ!」と手に取った一冊。病に冒された犬、マージと飼い主の、軽井沢での一夏を描いてる。最初の説明を読んで泣き、途中何度も涙した本。後書きの最後の文章が、今でも涙なしには読めません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH